体は胞子で出来ている

担い手はここに独り レートの海で胞子を撒く

トップ記事

 

フーという名前でポケモンTwitter(@)をやってます。

ここではポケモンの構築記事やオフレポから日記みたいなものまで投稿しようと思ってます。

ポケモンはほぼシングルレート専門で最高レートは2053(s2)です。毎期2000越えと最終2100越えを目標にやっています。

普段からTwitterで懇意にさせて貰ってる人達のブログリンクをしてるのでそちらも宜しければご覧下さい。

 

 

どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

f:id:who_pokemon:20170321222835p:plain

 

@

似非ポケモン理論に気をつけよう!

みなさんは「ナッシュ均衡」をご存知でしょうか?

ゲーム理論の一種であり割とメジャーな為、既にご存知の方もおられる方もおられるかと思いますが、知らない方の為に例を交えつつざっくり解説をします。

 

問題

ある集団で開催されるゲームがあります。1〜100の数字の中から好きな数字を選び、みんなが選んだ数字の平均の0.7倍に最も近い数字を出した人が景品を貰えるゲームがあります。さて、景品を貰うには自分の書く数字はいくつにすればいいでしょう?

 

 

この問題の答えは1です。

例えばAさんは単純な平均値50を書きました。ところがBさんはそれ読み35と書きました。ところがCさんは更にその上を読んで25と書きました……。

これが続くと理論上では最後はみんな勝つ為に1と書く(書かざるを得ない)ことになりますよね?(もちろん、実際にこのゲームをやると参加者全員がナッシュ均衡を知っていないと1になることは絶対にないと思いますが…)

このように互いに勝利(利益)を追求し続けた結果、お互いにそれ以上の利益を望めない状態で互いに固まってしまう状態のことをナッシュ均衡と呼ぶわけです。

 

ラス1対面

メガガルーラ 鮫肌ダメをギリギリ耐える程度のHP(不意打ち/恩返し)vsガブ HP1(地震/剣舞)

 

ガブがガルより速いことがわかっていて、全ての技が見えているがPPが消費されていないものとします。

9ターン目までもつれ込むとガルが確実に負けるのでガル側は8ターン目で恩返しを押さないといけません。もちろんガブ側もそれをわかっているので………

ってやってるとキリがないですよね。しかし少なくとも8ターン目までは互いに不意打ち(剣舞)を押し続けないとそれまでに落とされる可能性が高くなる(=損をする)わけです。互いにナッシュ均衡を意識している場合、7ターン目終わりまでは不意打ち(剣舞)を押している限り倒されないわけです。

 

 

 

ここまでこの記事を読んで気づいた方もおられるでしょう。そう、この記事矛盾だらけです。

結局何が言いたいかというと長文で例やら図やらグラフやらを持ち出してるポケモンの理論系の記事はしっかり内容を読んで自分で理解して中身をそのまま鵜呑みにしないようにしましょうってことです。それっぽい記事ならこんな風に高校生のお子様がWikiと学校の社会科の授業の知識使って数十分で書けちゃうのです。

 

この記事自分で書いてて途中でよくわからんくなったんでここで終わります。読んでくださった方、雑な記事にお時間取らせてすいません。

 

P.S

既にナッシュ均衡で不意打ちの記事書いてる人何人かいましたけど不意打ち択は理論上明確な正解がないので厳密にはナッシュ均衡にはならない気がします。多分。おそらく。

f:id:who_pokemon:20170827204432j:image

 

 

 

 

 

リザードンが環境に云々の話

f:id:who_pokemon:20170805214402j:image

 

ポイヒガッサのがやべーよ

真皇杯中四国予選&s4使用構築 改悪カバマンスイ

 みなさんこんにちは!フーって言います

今回はS4と第3回真皇杯中四国予選で使ったPTの紹介をしていこうと思います

 

f:id:who_pokemon:20170624220921j:plain

・経緯

s3レート最終日に一緒に通話してたますたーさんとたかきおすさんが使っていた構築が気になり、ほぼパクって(改悪して)組んだ。

スイクンミミッキュ以外の4体は参照元の調整、技構成と全く一緒なのでこちら(http://masterpokemon.hatenablog.com/entry/2017/05/16/173452)をご覧になってからこの記事を読むのをお勧めします。

 

・PT紹介

 

f:id:who_pokemon:20170718215010p:plain

スイクン@食べ残し

205(236)-×-154(36)-110-135-135(236)

 

 熱湯/冷凍ビーム/身代わり/瞑想

 調整は前期のかみんちゅさんのスイクンと同じ。誘うクレセポリ2カグヤを起点にして行く。残飯と身代わりを見せるとノイクンだと思われて冷Bや瞑想が警戒されなくなるので動かし易かった。眠るが無いので本体に毒を入れられないよう注意する必要がある。Sラインが少し過剰な気もしたので少し削って耐久に回しても良さげ。

 

 

f:id:who_pokemon:20170718215640p:plain

ミミッキュ@フェアリーZ

131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

 

じゃれつく/呪い/痛み分け/身代わり

 傾向として広島のポケモンオフには害悪が多いのでその対策として採用。ポリ2や悪タイプにも通るフェアリーZ。オフでは低速サイクルパがいなかったのであまり活躍しなかったが、レートでは受けループやオタクサイクルを消耗させてマンダの一貫を作ってくれた。

 

残り4体は上記の記事と調整が全て一緒なので使用感をざっくりと

 

f:id:who_pokemon:20170718215109p:plain

メガマンダ…地震が欲しい場面が多過ぎたが切れる技が無かった。メガ枠としてのパワーは申し分無い。相手のPTにランドやマンダがいる時はメガせず威嚇を残す立ち回りも重要だと感じた。

 f:id:who_pokemon:20170718215024p:plain

シュカコケコ…初手にほぼ100%出てくるマンムーを屠ってくれた。Cにあまり割いていないので火力は信用出来ないが地面枠をほぼ強制的に選出させ、一回攻撃を耐えて型判別をして処理ルートを考えるという役割はしっかり果たしてくれた。

f:id:who_pokemon:20170718215217p:plain

ゴースト Zガルド…火力は申し分ないがZを切るタイミングが難し過ぎた。ギルガルドというポケモン自体がほぼ毎ターン択を生むので択ゲーが苦手な自分にはあまり合っていなかった気がする。

f:id:who_pokemon:20170718215133p:plain

 オボンカバ…クッション性能がめちゃくちゃ高い。安易に初手出しせず裏に控えさせておくのが強い(アドバイスくれた方の受け売り)。ミラーでよく抜かれていたのでもう少し工夫してSに努力値を割きたかった。

 

基本選出はカバ+マンダ+Z枠。テッカグヤポリ2クレセのうち2体以上が入ってる構築にはスイクン。受けループはミミッキュ+マンダ+スイクンorガルド。

 

重いポケモンは浮いてる電気やマンムー、コケコなどのマンダに強く取り巻きにもある程度一貫を取れているポケモン。こいつらの主な処理ルートは、

マンムー…99%初手に来るのでシュカコケコと対面させる。

ロトム系統…ミミッキュやガルドのZを当てると致命傷になるのでとにかくHPを削る。ヒートムならステロも入るので早い段階でカバで撒いておく。

レボルト…カバのステロ吠えるで流してスリップを稼ぐorガルドミミッキュでZを当てる。高速移動Zや悪巧み高速移動型は特に厳しい。

コケコ…カバorガルドのHP管理を最優先にし、対面したら最優先で処理をする。

 

1メガでマンダを通す構築なのでマンダが出せない時は選出のパワーが落ちてしまう。真皇杯ではそこを上手くカバー出来ずに負けてしまった(何故かブロックにハガネールとかユキノオーとかライボとかマンダ絶対殺すメガ枠だらけだった)。この反省を踏まえレートでは削りのルートをしっかり考えてパワーを落とさないようになるべくマンダを選出するようにし、どうしても出せない時はZガルドやスイクンで詰めれるような立ち回りを心掛けた。

「絶対に無理」というポケモンが殆どいないので(自分では上を目指せなかったが)使い手次第でいくらでも上を目指せると思う。改めて最初にこの構築を考えた方を凄いと思った。

 

 ・成績

s4最高レート2040 最終2005

真皇杯中四国予選4-4 予選落ち

f:id:who_pokemon:20170718094001j:plain       f:id:who_pokemon:20170718214156j:plain

 

自分は普段「ポイヒガッサ入り」の構築に拘りを持ってやっていますが、今回はそういう縛りを無しにして本気で予選抜けや2100を目指していたのでどちらにも届かなかったのは本当に悔しいです。自己史上最速で2000に載ったのでかなりの手応えを感じていましたが、2100までの残り100がとてつもなく遠かったです。改めて自分の実力不足を感じました。リアルの都合でSM1の環境ではもうシングルレートをする機会はありませんが、マイチェン後のSM2の環境では必ず2100↑を取ります!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

質問や指摘があれば@ もしくはここのコメント欄にお願いします

 

Special thanks

・構築相談に乗って下さり、真皇杯の際にガルドの個体を貸してくださったたかきおす(@)さん

・3連休に一緒にレートをやってくれた通話窓の皆さん

 

 

 

 

真皇杯中四国予選没構築&S3使用構築

そろそろ実機触らないまま1ヶ月経ちそうですがボスラッシュに触発されてポケモン語りたくなったので更新。

 

 

いつも通りポイヒガッサを最大の勝ち筋にするように構築を組んでいたが、SMの環境ではどう頑張ってもポイヒガッサだけを抜きエースにするのが辛かったので別の抜きエースを裏に複数体用意し、ガッサが落ちたり選出出来なくても強力な勝ち筋を持てるように組んだ。

 

ゲンガー@メガ石

配分、調整意図はS2の物と同じ

 

コケコグロスに優位が取れ、そこそこの耐久があるHS鬼祟りゲンガーは今後の環境でも一定数生き残れると思った、が鬼火やこご風外しが負けを呼ぶ場面も多かったのでどうせ命中不安なら完全に動きを封じれる催眠の方が強い気もした。

 

ポイヒガッサ

配分調整いつも通り

 

コケコの方が多様化し、コケコと対面した時に引き際に相手にいいようにされる場面が増えたのでコケコ入りにはコケコ(≒EF)除外のプランを立ててから投げていた。この構築ではきあパンにあまり強さを見いだせなかったので岩封+草技の方が良い。

 

エアームド@鋼Z

 

おまおさん考案の自慢のエアームド。Z枠その1。

調整やその意図はリンク先(http://liarliver.blog.fc2.com/blog-entry-40.html?sp)参照。マンダマンムーに気持ち強くなる。Zをもたせているがマンムーテテフと対面した時やガモスを出さない時以外は基本撃たない。

 

ウルガモス@炎Z CS残りH

炎の舞/めざ氷/ギガドレ/蝶舞

 

ポイヒガッサが呼びやすいレヒレナットなどのサイクルパに強い構成とした。前述のエアームドのステロと合わせて抜いていく。

 

カプテテフ@スカーフ

サイキネ/ショック/シャドボ/ムンフォ

 

臆病スカーフテテフ。スカーフテテフミラーには強かったが火力不足感は否めなかった。

 

ランドロス@突撃チョッキ

地震/岩封/叩き/蜻蛉

 

痒いとこに手が届く良いポケモン。めざ氷コケコの大量発生がキツかったので持ち物はチョッキ確定。調整は下のリンクのブログを参考にさせて頂いた。

http://blog.livedoor.jp/halrock/archives/1064996239.html

 

最高レートは1991。2000を超えることすら出来なかった。理由としては終盤に増えたHDグライオンヒードランがPT単位で重いからだろう。またSDで少し使っていたが最近解禁されたメガヘラやメガバンギがどうしようもないので完全に解散となった。

 

真皇杯予選はポイヒガッサに拘らずに勝ちに行きます。よろしくお願いします。

希ちゃん画像最強構築

お誕生日なので手持ちの画像でPT組みました。スマホで急いでペタペタ貼ったので画質とサイズお察しですごめんなさい。

 

f:id:who_pokemon:20170609230508j:imagef:id:who_pokemon:20170609230311j:imagef:id:who_pokemon:20170609230320j:imagef:id:who_pokemon:20170609230348j:imagef:id:who_pokemon:20170609230409j:imagef:id:who_pokemon:20170609231008p:image

 

お誕生日おめでとう🎉

s3 日記

SM新規ポケモンドヒドイデが好きだったので受けループを使いたくなる。えんじぇるーぷで1800後半までサクサク行く。勝てなくなる。最終日まで放置。最終日の25時頃に真皇杯で使う予定のPTで潜ってみる。20チャレンジまで行くものの負けて19停滞。

 

受けループは18帯までは本当に無双でしたが上位層だとメタられててキツかったです。追い討ち枠がラム持ちじゃないベトン亜種なこともあって催眠ゲンガーと鬼火HSゲンガーがゲロ重でした。

真皇杯のPTはまだまだ迷走中なのでs3の記事漁って研究して煮詰めて行きたいです。

 

カプコケコorカプレヒレ+ナットレイのPTがどうしようもなく重たいのでここに刺さるポケモン教えてください。