体は胞子で出来ている

のぞえりという完成された並び  Twitter:@wh0pk

真皇杯中四国予選没構築&S3使用構築

そろそろ実機触らないまま1ヶ月経ちそうですがボスラッシュに触発されてポケモン語りたくなったので更新。

 

 

いつも通りポイヒガッサを最大の勝ち筋にするように構築を組んでいたが、SMの環境ではどう頑張ってもポイヒガッサだけを抜きエースにするのが辛かったので別の抜きエースを裏に複数体用意し、ガッサが落ちたり選出出来なくても強力な勝ち筋を持てるように組んだ。

 

ゲンガー@メガ石

配分、調整意図はS2の物と同じ

 

コケコグロスに優位が取れ、そこそこの耐久があるHS鬼祟りゲンガーは今後の環境でも一定数生き残れると思った、が鬼火やこご風外しが負けを呼ぶ場面も多かったのでどうせ命中不安なら完全に動きを封じれる催眠の方が強い気もした。

 

ポイヒガッサ

配分調整いつも通り

 

コケコの方が多様化し、コケコと対面した時に引き際に相手にいいようにされる場面が増えたのでコケコ入りにはコケコ(≒EF)除外のプランを立ててから投げていた。この構築ではきあパンにあまり強さを見いだせなかったので岩封+草技の方が良い。

 

エアームド@鋼Z

 

おまおさん考案の自慢のエアームド。Z枠その1。

調整やその意図はリンク先(http://liarliver.blog.fc2.com/blog-entry-40.html?sp)参照。マンダマンムーに気持ち強くなる。Zをもたせているがマンムーテテフと対面した時やガモスを出さない時以外は基本撃たない。

 

ウルガモス@炎Z CS残りH

炎の舞/めざ氷/ギガドレ/蝶舞

 

ポイヒガッサが呼びやすいレヒレナットなどのサイクルパに強い構成とした。前述のエアームドのステロと合わせて抜いていく。

 

カプテテフ@スカーフ

サイキネ/ショック/シャドボ/ムンフォ

 

臆病スカーフテテフ。スカーフテテフミラーには強かったが火力不足感は否めなかった。

 

ランドロス@突撃チョッキ

地震/岩封/叩き/蜻蛉

 

痒いとこに手が届く良いポケモン。めざ氷コケコの大量発生がキツかったので持ち物はチョッキ確定。調整は下のリンクのブログを参考にさせて頂いた。

http://blog.livedoor.jp/halrock/archives/1064996239.html

 

最高レートは1991。2000を超えることすら出来なかった。理由としては終盤に増えたHDグライオンヒードランがPT単位で重いからだろう。またSDで少し使っていたが最近解禁されたメガヘラやメガバンギがどうしようもないので完全に解散となった。

 

真皇杯予選はポイヒガッサに拘らずに勝ちに行きます。よろしくお願いします。